シェルターに新しいお客様が3頭来ました。

★保護犬シェルター通信ではシェルターでの出来事やエンジェル様(保護犬の飼い主様)からのお便りなどを紹介してます。


出来事
シェルターに新しいお客様が3頭来ました。写真でご紹介しているのは、チワワ♀ブルーとミニチュア・ダックス♀ミニーです。
チワワ♀ブルーは、2016年6月生まれで、現在1歳8か月になります。眼がブルー(目色素)なので、繁殖には向かないということでリリースされました。
ダックス♀ミニーは、2017年4月生まれ、現在10ヶ月齢になります。いわゆるカニヘンのサイズで、身体が小さすぎて、繁殖には向かないので、リリースされました。
もう一頭、ミニチュア・ダックスの女の子を引き受けましたが、肺炎になっていて、直行で動物病院に入院となりました。症状が進んでいたので、酸素室に入って、点滴を受けながら、命をつなぐ戦いをしています。
3頭は、みんな同じブリーダーさんのところから来ました。お金がなくて困っていて、フードを提供させていただいたご縁で親しくなりました。
入院中のダックスちゃんも、経済的な余裕がなく、十分に治療してあげられないということで、ユニクドに委譲してもらいました。
生き物を扱っているわけですから、緊急に病院にかからなければならないこともあるので、それが経済的な理由でできない状況であれば、ブリーダーを続けることはむずかしいと考えられます。
しかし、ブリーダーのみならず、多頭数の保護犬を飼養しているシェルターにも同じことが言えるのです。
ブリーダーは、産まれた子犬を販売して、ある程度まとまった額の収入を得ることができます。
シェルターの場合には、譲渡に際していただけるのは「その犬にかかった費用」程度というのが社会通念ですが、それでは、活動を維持していくことは到底できません。そのため、ほとんどの保護団体が、一般の方からの寄付に依存しているのが現実ではないでしょうか?
「いぬねこボランティア」ではなく、ソーシャル・ビジネスとして自立できるような変革が、保護活動に求められているのではないかと思います。
受け入れ・ご相談・お問い合わせはこちら? お問い合わせフォーム
保護団体名 ユニーク・ドック・ジャパン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家なき子応援プロジェクト

ニュースレターを購読する

フェアトレードペットショップ
投稿ページへ
入力ページへ
保護犬の動物病院デビュー
里親入門
pet-smile-tusushin
保護犬エントリー

投稿のご紹介

  1. 目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  2. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…
  3. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…
  4. 紹介 初めてワンちゃんを飼うことを決め、家族全員が一…
  5. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…

ピックアップ記事

  1. ガンモ・家なき子応援プロジェクト

    2018-9-27

    ガンモの日常(家なき子応援プロジェクト)

    ガンモはひとりでリハビリ中? 柵の向こうからからは応援団がなにやら言ってますが・・・。 ガン…
  2. 家なき子プロジェクト・フレンチブルドッグ・ガンモ

    2018-9-18

    家なき子応援プロジェクト

    家なき子応援プロジェクトをスタートします。 皆さまの応援をお願いします。 ドッグ・シェルターは、…
  3. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…

投稿のご紹介

  1. 紹介 ロイは1歳の時に我が家へやってきました。 と…
  2. 紹介 3.11の震災で被災地の小さな命を助けたいと思…
  3. 紹介 私にとって生まれて初めて飼った先住犬。こんなに…
  4. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…
  5. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…

カテゴリー

ページ上部へ戻る