【17】お留守番をさせる

いつも飼い主さんのそばを離れず、トイレにまで
ついて来るワンちゃんは、「分離不安」かもしれ
ません。飼い主さんと離れることに、異常な不安
を感じてしまうのです。そのため、留守番中に困
ったことをいろいろしてしまいます。

1.分離不安の犬は、留守番中にこんなことをしてしまいます。

(1)キャンキャン吠え続ける
乳歯が抜けて、永久歯に替わる時期には、歯茎がムズムズするために何かを噛みたくなります。
こんな時には、噛んでもかまわないものをあげて、欲求を解消します。
(2)ウンチやおしっこをトイレ以外のところでしてしまう。
(3)家具や柱などをかじったり、ゴミ箱をひっくり返すなどのいたずらをする。
トイレシートをビリビリに破ってしまうこともありますが、それを食べてしまうと危険なので、新聞紙に換えておいて下さい。

2.留守中の環境を工夫をする。

(1)カーテンをしっかりと閉めておく。
吠えた場合の防音効果とともに、外からの物音や人の声などをブロックする。
(2)ラジオをつけたままにしておく。
人の気配が感じられるので、さびしさがまぎれる。
(3)ベッドとトイレをセットしたサークルに入れて、おもちゃを与える。
(いつもクレートをハウスにしている場合には、サークルとセットにします。)
行動範囲を狭くしておけば、トイレの失敗も予防できます。
サークルを飛び越えてしまう犬の場合には、屋根つきにします。
犬の行動を制限することで、落ち着かせることが目的です。

3.さらっとさりげなく。

お出かけの時には、「行ってきます」などと声をかけないようにします。何も言わずにそっと出かけましょう。
帰宅した時にも、「ただいま」などと声をかけず、大歓迎してくれていても、落ち着くまではふれあうのは待ちましょう。

4.お留守番が上手にできるためのトレーニング

子犬は、飼い主さんがいなくなるとさびしくて、キャンキャン吠え始めます。それでも、ほとんどは、30分ぐらいで静かになります。
留守番のトレーニングは、最初は飼い主さんが他の部屋に行って、数分間だけ子犬をひとりぼっちにします。そして、吠え始める前には戻ります。
少しずつひとりぼっちの時間を長くして行きながら、子犬に「いなくなっても、飼い主はすぐに戻ってくる」ということを学習させます。

【18】お散歩のしつけ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


pet-smile-tusushin

投稿ページへ
入力ページへ
保護犬の動物病院デビュー
里親入門
pet-smile-tusushin
保護犬エントリー

投稿のご紹介

  1. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…
  2. 紹介 赤い洋服を着ている白のチワワがクー(5歳)です…
  3. 紹介 こんにちは、チワマルの嵐丸(ユニークドックジャ…
  4. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…
  5. 紹介 小春は赤ちゃん犬の時に、我が家に来ました。左の…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…
  2. 2016-11-11

    ハウスだっておぼえられるよ♪

    目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  3. 2016-11-11

    保護犬トイレトレーニング

    生まれつき全盲のトイ・プードルひかり。 アイコンタクトができないので、トイレを覚えるのは、…

投稿のご紹介

  1. 紹介 こんにちは。 我が家にピピ(ヨークシャーテリ…
  2. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…
  3. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  4. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…
  5. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…

カテゴリー

ページ上部へ戻る