紹介
犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でした。当時5年生だった息子は余震がある度に怖がり、学校から帰宅すると夫や私の職場に泣きながら電話をしてくることが続きました。引越したばかりで周囲に慣れない中、どうしたものかと夫婦で困り果てていました。そんな時に心理士の先生に勧められたのが『犬を飼う』ことでした。いつも迎えてくれること。寄り添い温もりを感じられることが息子に必要と言われました。しかしここで夫が『新築なのに、犬なんて!床や壁、ソファが傷む!』と反対。夫を説得するのに半年以上かかりました。同じ迎えるなら保護犬と思い、たまたまネットで見つけたユニーク・ドッグ・ジャパンさんに連絡をし、早速シェルターに伺いました。そこで何匹かいた仔犬の中、唯一息子のそばに寄って来たのが当時5ヵ月の白い小さなチワワ、アトムでした。日中留守がちな我が家、仔犬を迎えるのは躊躇しましたがユニークドッグ代表の内田さんの『犬にもその家での役割があるんですよ』の言葉に決心がつきました。
我が家にアトムが来てからというもの、息子は学校から走って帰宅するようになりました。余震も雷も台風も、アトムといれば平気です。小さなアトムの温もりと愛らしさは、私たちの期待をはるかに超える成果をもたらしてくれました。あれから4年、手のひらに乗る程小さかったアトムはちょっと太り気味のデカチワワに成長しました。そして、当初犬を飼うことを大反対していた夫は・・・下記の写真の通り、実は家族の中で誰よりもアトムにメロメロです。もはや犬ではなく、大切なうちの三男坊です。atom1atom
保護団体名 ユニーク・ドック・ジャパン
投稿人 ふくちゃんさん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家なき子応援プロジェクト
保護犬の動物病院デビュー
里親入門

投稿のご紹介

  1. 紹介 赤い洋服を着ている白のチワワがクー(5歳)です…
  2. 紹介 こんにちは。 我が家にピピ(ヨークシャーテリ…
  3. 紹介 3.11の震災で被災地の小さな命を助けたいと思…
  4. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  5. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…

ピックアップ記事

  1. ガンモ・家なき子応援プロジェクト

    2018-9-27

    ガンモの日常(家なき子応援プロジェクト)

    ガンモはひとりでリハビリ中? 柵の向こうからからは応援団がなにやら言ってますが・・・。 ガン…
  2. 家なき子プロジェクト・フレンチブルドッグ・ガンモ

    2018-9-18

    家なき子応援プロジェクト

    家なき子応援プロジェクトをスタートします。 皆さまの応援をお願いします。 ドッグ・シェルターは、…
  3. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…

投稿のご紹介

  1. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…
  2. 保護犬・引取り・里親・エンジェルさん・ユニークドッグジャパン
    出来事 ボランティア・トリミングに来ていただきました。 お見…
  3. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  4. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…
  5. 紹介 初めてワンちゃんを飼うことを決め、家族全員が一…

カテゴリー

ページ上部へ戻る