★保護犬シェルター通信ではシェルターでの出来事やエンジェル様(保護犬の飼い主様)からのお便りなどを紹介してます。


出来事
シェルターのワンごはんには、鶏肉をトッピングしています。
かつての調理手順は・・・・
業務スーパーで買ってきたブラジル産の冷凍トリモモ肉2kgパックを解凍する。
生肉の状態になったら、皮を剥がして、ナイフでモモ肉を細かくカットしてから、鍋で煮る。
これだとけっこう時間がかかるし、ナイフを使う指も痛くなって、大変でした。
でも、今はずいぶん時短になって、楽ちんになりました。
シェルターにお手伝いに来ていただいた女性陣から、教えていただいたのです。
現在の調理手順は・・・・
冷凍トリモモ肉2kgパックを、半解凍の状態で、原木のまま大なべに入れて、煮る。
煮えたトリモモをボウルに移して、水で少し冷やす。
調理バサミで、皮がついたままのモモ肉をジョキジョキと細かく切り分ける。それで完成!!
特に、調理バサミは、なべからボウルにトリモモを移す時にも使えるので、これまでのように菜箸を使う必要がありません。
ナイフの代わりに、調理バサミの活用を教えてくれたのは、米国で暮らしていた方でした。
米国の韓国料理の店の調理場で、何でもかんでもハサミでカットしているのを見て、ご自分でも調理バサミを使うようになったそうです。
ことほどさように、誰かの手や知恵を借りることは大切だなあと思う今日この頃です。
保護団体名 ユニーク・ドック・ジャパン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家なき子応援プロジェクト
保護犬の動物病院デビュー
里親入門

投稿のご紹介

  1. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…
  2. 紹介 小春は赤ちゃん犬の時に、我が家に来ました。左の…
  3. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  4. 紹介 私にとって生まれて初めて飼った先住犬。こんなに…
  5. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…

ピックアップ記事

  1. ガンモ・家なき子応援プロジェクト

    2018-9-27

    ガンモの日常(家なき子応援プロジェクト)

    ガンモはひとりでリハビリ中? 柵の向こうからからは応援団がなにやら言ってますが・・・。 ガン…
  2. 家なき子プロジェクト・フレンチブルドッグ・ガンモ

    2018-9-18

    家なき子応援プロジェクト

    家なき子応援プロジェクトをスタートします。 皆さまの応援をお願いします。 ドッグ・シェルターは、…
  3. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…

投稿のご紹介

  1. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  2. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…
  3. 紹介 こんにちは、チワマルの嵐丸(ユニークドックジャ…
  4. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…
  5. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…

カテゴリー

ページ上部へ戻る