犬舎のエアコンをリニューアルしました

★保護犬シェルター通信ではシェルターでの出来事やエンジェル様(保護犬の飼い主様)からのお便りなどを紹介してます。


出来事
本格的な夏の到来の前に、犬舎のエアコンをリニューアルしました。吹き出し口に手を当ててみたら、半分しか風が出ていないことに気づいたので、もはやこれまで、新調することにしたのです。地元の電気屋さんにお願いして、繁忙期の前に新設していただきました。量販店ではなく、地場の電気屋さんを選んだのは、犬たちがワンワンうるさく吠える環境で、工事をしていただかなければならないからです。新聞に折り込まれていたその電気屋さんのチラシには看板犬の2頭のプードルの写真が掲載されていて、ここなら犬がいてもきっとOKだろうと思ったからです。そして、引き続き、窓用クーラーではほとんど冷却効果がないことが分かったので、トリミングルームにもエアコンの設置をお願いしました。このところ、ドッグランの屋根、フェンス、エアコンとシェルターの設備の拡充を行っています。シェルターでの保護活動を維持していくためには、そのような出費も必要ですが、一般的に認知されている譲渡費用は、避妊・去勢手術費用+ワクチン代程度というものですから、健全なシェルター運営のためには、「脱・犬猫ボランティア」を目指さなければならないと思います。
保護団体名 ユニーク・ドック・ジャパン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家なき子応援プロジェクト
保護犬の動物病院デビュー
里親入門

投稿のご紹介

  1. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…
  2. 紹介 初めてワンちゃんを飼うことを決め、家族全員が一…
  3. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…
  4. 目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  5. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…

ピックアップ記事

  1. ガンモ・家なき子応援プロジェクト

    2018-9-27

    ガンモの日常(家なき子応援プロジェクト)

    ガンモはひとりでリハビリ中? 柵の向こうからからは応援団がなにやら言ってますが・・・。 ガン…
  2. 家なき子プロジェクト・フレンチブルドッグ・ガンモ

    2018-9-18

    家なき子応援プロジェクト

    家なき子応援プロジェクトをスタートします。 皆さまの応援をお願いします。 ドッグ・シェルターは、…
  3. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…

投稿のご紹介

  1. 紹介 ピピ(ヨークシャーテリア:ユニクドでの旧姓は…
  2. 紹介 小春は赤ちゃん犬の時に、我が家に来ました。左の…
  3. 目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  4. 紹介 こんにちは。 我が家にピピ(ヨークシャーテリ…
  5. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…

カテゴリー

ページ上部へ戻る