「フェアトレードペットショップ」で紹介させていただいている犬たちに値札は付いておりません。 生命の価値に差はないという信念に基づき譲渡額は飼い主になる方に決めていただきます。 子犬だけではなく、成犬や何らかのハンディを持って生まれてきた犬たちが「しあわせ」になるためのお手伝いをさせていただきます。

シェルターにドッグランを増設しました!

★保護犬シェルター通信ではシェルターでの出来事やエンジェル様(保護犬の飼い主様)からのお便りなどを紹介してます。


出来事
シェルターにドッグランを増設しました。母屋についていた屋根付きの濡れ縁を取り外して、コンクリート土間にしてからカーポートで覆ってもらいました。雨の日でも濡れずに遊べるスペースがあるので、一応、全天候型の開放的なドッグランになりました。まだ手をかけたいところは残っていますが、今年の施設の改修はほぼ完了したかなと思っています。ワンコたちがより快適な環境で生活するためには、こうした施設への投資も必要ですが、現状では、保護犬の譲渡額は、ワクチン代や避妊・去勢手術代などの経費をまかなう範囲というのが社会的な認識です。多額の寄付金が集まるのであれば別ですが、「犬猫ボランティア」の考え方では、民間のシェルターはいつまでたっても赤字経営から脱することはできません。近い将来、保護活動に要する「経費」が正しく理解される日が来ることを望んでいます。
受け入れ・ご相談・お問い合わせはこちら? お問い合わせフォーム
保護団体名 ユニーク・ドック・ジャパン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家なき子応援プロジェクト

ニュースレターを購読する

フェアトレードペットショップ
投稿ページへ
入力ページへ
保護犬の動物病院デビュー
里親入門
pet-smile-tusushin
保護犬エントリー

投稿のご紹介

  1. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…
  2. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  3. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…
  4. 紹介 まるを家族に迎えてもうすぐ半年。もうすっかり家…
  5. 紹介 小春は赤ちゃん犬の時に、我が家に来ました。左の…

ピックアップ記事

  1. ガンモ・家なき子応援プロジェクト

    2018-9-27

    ガンモの日常(家なき子応援プロジェクト)

    ガンモはひとりでリハビリ中? 柵の向こうからからは応援団がなにやら言ってますが・・・。 ガン…
  2. 家なき子プロジェクト・フレンチブルドッグ・ガンモ

    2018-9-18

    家なき子応援プロジェクト

    家なき子応援プロジェクトをスタートします。 皆さまの応援をお願いします。 ドッグ・シェルターは、…
  3. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…

投稿のご紹介

  1. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…
  2. 紹介 こんにちは。 我が家にピピ(ヨークシャーテリ…
  3. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…
  4. 紹介 私にとって生まれて初めて飼った先住犬。こんなに…
  5. 紹介 ピピ(ヨークシャーテリア:ユニクドでの旧姓は…

カテゴリー

ページ上部へ戻る