恒例のツーショット

★保護犬シェルター通信ではシェルターでの出来事やエンジェル様(保護犬の飼い主様)からのお便りなどを紹介してます。


出来事
恒例のフレブル♂がんもとペキ♂パーティのツーショットです。ディズニーのアニメ「ワンワン物語」のワンシーンを思い出させる「がんも&パーティのおやつタイム」です。もちろん、パーティががんものおやつをとろうとしているところですが…。子犬のパーティは、生後50日ぐらいでシェルターに来ました。ペットショップで売られ始めるのも、そのくらいの日齢ですが、親犬や兄弟犬と一緒に暮らすべきとされる8週齢よりは前でした。でも、パーティは、人なれ、犬なれといった「子犬の社会化」は、ごく自然にできているようです。2016年10月20日の朝日新聞に「人なつっこいイヌに共通遺伝子」という記事が掲載されていました。「人に頼る性格のイヌとそうでないイヌ計約200匹のDNAを分析したところ、性格の違いに関係するとみられる二つの領域が判明。この領域には5つの遺伝子が含まれており、そのうちの4つは人でも会性との関連が指摘される遺伝子という。」調べられた200頭のイヌたちで、人なつっこいイヌとそうでないイヌの割合がどのくらいだったのかは、記載されていませんが、先天的に「人なれしないイヌ」もいるようです。8週齢については、「科学的な根拠はない」という説もあります。兄弟犬と遊びながら「イヌどうしの社会化」を身に着けるということはありだと思いますが、ブリーダーさんいわく、母犬によっては、子犬がじゃれてくるのを嫌がって、咬んだりすることもあるので、危険を避けるために、そして母犬が子育てで消耗しすぎないためにも、8週齢を待たずに、子犬たちを離した方がいいのではとの考えも示されています。もちろん、体力的にも精神的にも未熟な時期に、親兄弟から離されて、流通のプロセスに乗せられたために、弱って、最悪の場合には命を落してしまうようなことは、厳に戒められるべきですが…。
保護団体名 ユニーク・ドック・ジャパン

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


家なき子応援プロジェクト
保護犬の動物病院デビュー
里親入門

投稿のご紹介

  1. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…
  2. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…
  3. 紹介 こんにちは。 我が家にピピ(ヨークシャーテリ…
  4. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…
  5. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…

ピックアップ記事

  1. ガンモ・家なき子応援プロジェクト

    2018-9-27

    ガンモの日常(家なき子応援プロジェクト)

    ガンモはひとりでリハビリ中? 柵の向こうからからは応援団がなにやら言ってますが・・・。 ガン…
  2. 家なき子プロジェクト・フレンチブルドッグ・ガンモ

    2018-9-18

    家なき子応援プロジェクト

    家なき子応援プロジェクトをスタートします。 皆さまの応援をお願いします。 ドッグ・シェルターは、…
  3. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…

投稿のご紹介

  1. 目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  2. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  3. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…
  4. 紹介 3.11の震災で被災地の小さな命を助けたいと思…
  5. 紹介 赤い洋服を着ている白のチワワがクー(5歳)です…

カテゴリー

ページ上部へ戻る