グループ・ホームで暮らしているボブ君

グループ・ホームで暮らしているボブ君

軽度の知的障害がある方たちのグループ・ホームで暮らしているボブ君、スタッフさんからいただいたエピソードです。

ボブ君の散歩やトイレ・トレーニングに奮闘するOさん、スタッフさんにこんな話をしてくれました。

ボブ君は、とっても寂しがりやなんだよ。私がソファに座っていると、脇の下に顔をうずめてきてね、とっても安心してるみたいなんだ。でもね、ケージに入れようとすると、ぷるぷるふるえちゃうんだ。

ボブ君はね、きっと前の人と離れてしまって、ケージのなかで暮らさざるを得なくなってしまって、だから、ここにやってきて本当によかったって、安心してるんだよ。この子には、人のぬくもりが必要で、だから脇に顔をうずめて眠るんだよ。

私とボブ君は、同じだよ。私も無理やり入院させられて、家もなくして、いまはここにいるけど。だから、ボブ君と私は同じ境遇なの。

Oさんのボブ君へのまなざしは、とても柔らかくて、あたたかいものです。

グループ・ホームで暮らしているボブ君

関連記事

コメントは利用できません。

家なき子応援プロジェクト
保護犬の動物病院デビュー
里親入門

投稿のご紹介

  1. 紹介 ピピ(ヨークシャーテリア:ユニクドでの旧姓は…
  2. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…
  3. 保護犬・引取り・里親・エンジェルさん・ユニークドッグジャパン
    出来事 ボランティア・トリミングに来ていただきました。 お見…
  4. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  5. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…

ピックアップ記事

  1. ガンモ・家なき子応援プロジェクト

    2018-9-27

    ガンモの日常(家なき子応援プロジェクト)

    ガンモはひとりでリハビリ中? 柵の向こうからからは応援団がなにやら言ってますが・・・。 ガン…
  2. 家なき子プロジェクト・フレンチブルドッグ・ガンモ

    2018-9-18

    家なき子応援プロジェクト

    家なき子応援プロジェクトをスタートします。 皆さまの応援をお願いします。 ドッグ・シェルターは、…
  3. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…

投稿のご紹介

  1. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…
  2. 紹介 3.11の震災で被災地の小さな命を助けたいと思…
  3. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…
  4. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…
  5. 紹介 こんにちは。 我が家にピピ(ヨークシャーテリ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る