【19】子どもさんと犬とのふれあい

【19】子どもさんと犬とのふれあい

赤ちゃんや幼児、小学生のお子さんがいるご家庭で
新しく犬を飼う場合には、大人がコントロールして
上手にふれあえるようにしてあげて下さい。
小さな子どもさんのむじゃきな行動が犬にとっては
脅威に感じるもので、かみつかれることもあります。

1.子どもさんに犬を触らせるときには、大人が犬を抱っこして

まず、大人である飼い主さんが犬をだっこします。そして、子どもさんには、下の方から手を伸ばして、犬のあごの下や胸を触らせるようにします。
いきなり、頭の上に手を出したりすると、犬がびっくりして手に噛みついたりするかもしれないからです。

2.子どもさんに犬の顔をのぞき込ませない。

犬に対して正面から近づいたり、顔をのぞき込んで、目を合わせたりする行為は、犬にとっては、脅威になります。
身を守るために、吠えて追い払おうとしたり、噛みつくといった攻撃的な行動を起こすことがあります。

3.犬が休んでいるときや食餌中は、かまわないで。

犬がハウスでゆっくり休んでいるときや、食餌をしているときには、子どもさんが手を出したり、むやみにかまったりしないよう、注意して下さい。
犬はじゃま者を追い払おうとして、威嚇したり、噛みついたりすることがあります。

4.大声で騒いだり、かけまわったり、犬をいじくりまわしたりしないように。

子どもさんが声を上げながら走り回ったりすると、興奮した犬は、追いかけてかみつくかもしれません。
かわいいからと子どもさんが犬をおもちゃのようにいじくりまわすと、それが犬にとってはストレスになり、かみついたり、あるいは元気を失くしてしまう原因になったりします。

【20】子犬の危険を防止する

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


pet-smile-tusushin

投稿ページへ
入力ページへ
保護犬の動物病院デビュー
里親入門
pet-smile-tusushin
保護犬エントリー

投稿のご紹介

  1. 紹介 ロイは1歳の時に我が家へやってきました。 と…
  2. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…
  3. 紹介 3.11の震災で被災地の小さな命を助けたいと思…
  4. 紹介 ピッピは1歳2ヶ月の時に我が家へやってきました…
  5. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…
  2. 2016-11-11

    ハウスだっておぼえられるよ♪

    目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  3. 2016-11-11

    保護犬トイレトレーニング

    生まれつき全盲のトイ・プードルひかり。 アイコンタクトができないので、トイレを覚えるのは、…

投稿のご紹介

  1. 紹介 初めてワンちゃんを飼うことを決め、家族全員が一…
  2. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…
  3. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…
  4. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…
  5. 紹介 私にとって生まれて初めて飼った先住犬。こんなに…

カテゴリー

ページ上部へ戻る