【14】子犬のしつけ

しつけは子犬がやってきたその時から始まります。
よいことをほめ、だめなことは叱るといった一貫し
たしつけを家族みんなで実行して下さい。
「犬のしつけ方教室」に家族全員で参加してもらい
たいのはそのためです。

1.問題行動を起こす犬にしないために。

かわいいからと甘やかして、好き勝手させると子犬は飼い主の言うことをきかなくなります。
「自分は飼い主や家族よりも上位だ」と思い込んでしまって、従わなくなるのです。

2.飼い主への信頼感を高めるトレーニング

(1)アイコンタクト(子犬と目を合わせる)
あなたと目を合わせるとよいことがあると子犬に感じさせます。あなたと子犬の間に強いきずなを作る第一歩です。
食べものの小さな粒を子犬の鼻先に持っていって、匂いをかがせ、それをあなたと子犬の視線上に置いて、目が合ったら、名前を呼んでそれを与えます。
(2)だっこ
子犬をだっこして、あなたの腕の中でリラックスするようにします。
子犬を背中向きにあなたのひざの間に座らせ、うしろからやさしくだっこします。
暴れたら、少し強く抱きしめて、おとなしくなったら力をゆるめます。
身をまかせるようなら、安心してリラックスしているということです。
(3)マズルコントロール
マズル(口吻)を片方の手でやさしく包みます。やさしく声をかけながら、マズルをやさしく上下左右に動かします。
「いじめられている」と思わせないようにしますが、「嫌がれば自由になる」ということにならないように、嫌がっても止めてはいけません。
(4)タッチ
子犬が体のどこでも触らせるようにします。
最初は、気持ちのよい胸や首筋から始めます。横向けに寝かせたり、耳、口、しっぽを触り、仰向けにしておなかをさすります。
体を触られても、安心して身をまかせてもいいんだということを覚えさせます。

3.悪いことをしている最中か、直後の1秒以内に罰しないと効果はない。

犬には人が持っている時間の概念はありません。何か悪いことをしても、すぐに罰しないとなぜ叱られたかを理解できません。
「罰として食餌を与えない」、「散歩に連れていかない」などの罰は意味がありません。

【15】子犬の夜鳴きをとめる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


pet-smile-tusushin

投稿ページへ
入力ページへ
保護犬の動物病院デビュー
里親入門
pet-smile-tusushin
保護犬エントリー

投稿のご紹介

  1. 紹介 ロイは1歳の時に我が家へやってきました。 と…
  2. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…
  3. 紹介 まるを家族に迎えてもうすぐ半年。もうすっかり家…
  4. 紹介 小春は赤ちゃん犬の時に、我が家に来ました。左の…
  5. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…
  2. 2016-11-11

    ハウスだっておぼえられるよ♪

    目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  3. 2016-11-11

    保護犬トイレトレーニング

    生まれつき全盲のトイ・プードルひかり。 アイコンタクトができないので、トイレを覚えるのは、…

投稿のご紹介

  1. 紹介 赤い洋服を着ている白のチワワがクー(5歳)です…
  2. 紹介 犬を迎えたい、と思ったのは東日本大震災の後でし…
  3. 紹介 初めてワンちゃんを飼うことを決め、家族全員が一…
  4. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…
  5. 紹介 こはるは2011年7月、こむぎは2016年1月…

カテゴリー

ページ上部へ戻る