pappy-welcom-hand-book

【1】子犬をストレスから守るために

家にやってきたばかりの子犬の元気がなくなり、
フードを食べず、下痢をしたり、吐いたりする
状態になることがあります。病気の兆候の場合
もありますが、原因として最も多いのが、環境
が急に変わったために不安やストレスで体調を
崩してしまっているためです。

1.子犬を疲れさせないように、そして、たっぷり眠らせて下さい。

「かわいいから」と家族がかわるがわるかまうと疲れてしまいます。しばらくは、ふれあいたい気持ちをおさえて、静かに見守ってあげて下さい。
子犬には1日に16~17時間の睡眠が必要です。
寝ているときにむりに起こして遊んだり、大きな音で眠りをさまたげたりしないようにしましょう。子どもさんには、このことをよく理解させてあげて下さい。

2.子犬に一度にたくさん食べさせると、下痢をすることがあります。

子犬はまだ内臓の働きが完全ではありません。そのため、消化不良を起こしたり、吐いたりすることがあります。そのような場合には、暖かくして、様子を見守ってあげましょう。
食べすぎると下痢をするので、フードは少量を1日3~4回に分けて与えて下さい。軽い下痢から、あっというまに脱水症状に進んで、命にかかわるような状態になることもあります。
(下痢や嘔吐を繰り返すようなら、すぐに動物病院に連れて行って下さい。)

3.子犬はストレスから低血糖を起こすことがあります。

血液中のブドウ糖が異常に低下すると、だらだらとだ液を流したり、けいれんを起こしたりします。衰弱が進むと命にかかわることもあります。
子犬は糖分を作ったり、それを体内に貯めておく機能が十分に働かないので、低血糖になりやすいのです。
体が冷えないようにして、こまめにフードを食べさせることで予防できます。また、低血糖の症状が見られたら、応急措置として、ハチミツなどをなめさせると改善します。

4.夏の暑さや冬の寒さで体調を崩しやすくなります。

犬にとっての適温は25℃、湿度は40~60%です。体温の低下で、多くの子犬が死亡しています。
気温が急に下がった時や寒い時期には、温かく過ごせるようにして下さい。

【2】子犬が安心できる「巣」を作ろう

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


pet-smile-tusushin

投稿ページへ
入力ページへ
保護犬の動物病院デビュー
里親入門
pet-smile-tusushin
保護犬エントリー

投稿のご紹介

  1. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…
  2. 紹介 二年前、飯館村の「福光の家」にボランティアに行…
  3. 紹介 こんにちは。 我が家にピピ(ヨークシャーテリ…
  4. 紹介 こんにちは、チワマルの嵐丸(ユニークドックジャ…
  5. 紹介 小春は赤ちゃん犬の時に、我が家に来ました。左の…

ピックアップ記事

  1. 2016-11-11

    もってこいができるようになりました!

    わたしはひかり。 生まれつきの全盲です。 でも、音のするおもちゃなら、もってこい遊びができます。…
  2. 2016-11-11

    ハウスだっておぼえられるよ♪

    目が見えないトイ・プードルひかり。 最初はいろんなところにゴッチンしていました。 でも、今では上…
  3. 2016-11-11

    保護犬トイレトレーニング

    生まれつき全盲のトイ・プードルひかり。 アイコンタクトができないので、トイレを覚えるのは、…

投稿のご紹介

  1. 紹介 生後7ヶ月頃にうちに決ました。 マイペースでの…
  2. 紹介 生後半年頃我が家に来て、3歳になりました。私か…
  3. 紹介 生まれつき目が見えないので、アイコンタクトが出…
  4. 紹介 小春は赤ちゃん犬の時に、我が家に来ました。左の…
  5. 紹介 こんにちは、チワマルの嵐丸(ユニークドックジャ…

カテゴリー

ページ上部へ戻る